薬剤師 育児と仕事

育児と仕事を両立できる職場を見つける

薬剤師として働きながら、育児・家庭と両立したい

薬剤師は女性の比率の方が多い職業です。
そのため多くの職場では産休や育児休暇を取る方が増えています。

もちろんしばらくは子育てに専念するために退職される方も多いですね。
残念ながらまだ産休・育休を取りやすい環境にある病院、調剤薬局などは少なく、休暇を思うように取れないと悩みを抱えている方も少なくありません。

そうなるとやはり職場には居づらくなり、結果として退職を選ぶケースもまだまだ多いのです。

退職したとしても、ある程度子供が成長して手が離れてくると復職される薬剤師の方は多いです。
家庭の経済的な理由もあるでしょうし、仕事をしたい!という気持ちが大きい場合もあるでしょう。

薬剤師資格を持っている事で、復職しやすい状況もありますので、仕事は探しやすいといえます。
まだまだ家庭を優先したいので正社員ではなくパートやアルバイト、派遣という雇用形態でお仕事に就かれる方も多いです。

実際、子育て中でありながら仕事もしっかりこなして両立されている薬剤師は多いんですね。

例えばアルバイトとしてドラッグストアなどで働いたとしても、時給2,000円以上の仕事も多くありますから、普通にスーパーなどでバイトをするよりも倍くらいの高時給で働く事が出来ます。

自宅近くの職場を見つけましょう

今では調剤薬局、ドラッグストアなどもチェーン展開している企業も多いですから、自宅の近くで職場を見つけようと思えば、比較的見つけやすい状況です。

子供の体調が急に悪くなって、などがあった場合には、自宅が近いととても助かりますよね。
事実、職場選びの優先順位として自宅から近いことを、挙げる薬剤師さんは多いです。

まだまだパート、アルバイトであっても薬剤師を採用したいと考えている調剤薬局、ドラッグストアは多いです。

神奈川県も求人数が豊富な地域です。
横浜、川崎などをはじめとして多くの地域で薬剤師求人がありますので、求人数の多い転職サイトなどを活用して、希望条件で働く事が出来る職場探しをしてみてください。

 業界最大級の求人数!リクナビ薬剤師で求人を探す

薬剤師求人ランキング