企業管理薬剤師 求人

企業の管理薬剤師の役割とは?

企業管理薬剤師とは、文字通り企業の中で管理薬剤師の仕事をすることです。薬と言えば、薬局や病院のイメージがありますが、企業の中でも薬を取り扱うところはたくさんあります。

薬を取り扱うところでは、管理薬剤師を置くことが法律で義務付けられているので、この仕事は薬に関係がある企業で必要とされているのです。

企業管理薬剤師の中で一番多い仕事は、製薬会社関連になります。薬の研究や新薬の開発、その薬の営業に管理薬剤師の方々が携わっています。

医薬品卸の会社で働く管理薬剤師の方もいます。この種の会社では、企業管理薬剤師の方が、製薬会社と病院の医者の間に立って、薬の管理や薬の流通を担当します。

特に薬の流通は大切な仕事で、全国のどの地域の病院にも、薬が公正に行き渡るように管理監督します。薬の効き目などに関する質問に答える仕事も、管理薬剤師がおこないます。薬の営業担当者に対する教育も、医薬品卸の会社で働く管理薬剤師が担当します。

そのほかにも、企業管理薬剤師の仕事はたくさんあります。製薬メーカーの物流センターで働く管理薬剤師の方もいます。

また薬が置いてある企業の倉庫で、その薬の品質の管理などを行う方もいます。一部の企業管理薬剤師は、経験がなくても就職できるという魅力があります。

特に大学を卒業したばかりの薬剤師の方には、お勧めの仕事です。医薬品卸の会社では、特に薬剤師として経験を問わずに、管理薬剤師を募集しているところがあるのです。そこで経験を積んで、他の施設で薬剤師として働くこともできます。

尚、実際に求人・募集を探すには、人材紹介会社の活用をオススメします。やはり転職のプロにお願いする方が、スムーズに転職しやすいと言えるでしょう。当サイトにおすすめは以下です。

 業界最大級の求人数!リクナビ薬剤師で求人を探す

薬剤師求人ランキング