企業管理薬剤師 仕事

企業管理薬剤師と営業の仕事

企業管理薬剤師には、営業としての仕事もあります。製薬会社と医薬品の卸会社の両方で、薬の営業としての仕事があります。

営業というのは、薬剤師本来の仕事からかけ離れていますが、薬も商品の一つであり、それなりに売れなければ意味がありません。その販売の促進に、薬剤師の持つ薬の知識が生かされることになります。

もちろんこの仕事にも向きと不向きがあり、どちらかというと寡黙で研究が好きな方は向かない仕事と言えるでしょう。逆にコミュニケーションが好きな方には、うってつけの仕事です。

製薬会社では、その会社で開発された薬や医療器械を病院に紹介するのが仕事になります。ここでも薬剤師の薬の知識が役に立つわけですが、それだけではなくて、いろいろな人ときちんとしたコミュニケーションが取れることが、一番大切になってきます。

また病院はあちらこちらにあるので、そこへまめに足を運ぶ苦労をいとわない生真面目さも必要になってきます。

MSの支援も管理薬剤師の仕事です

医薬品の卸会社では、MSとよばれる営業担当者を教育するのが、管理薬剤師の仕事になります。

MSの方々は薬の専門に勉強したわけではありません。そういった方々に、薬の成分や効き目をわかりやすく説明することが求められます。ここでも必要とされるのは、コミュニケーションのスキルです。

また卸会社の管理薬剤師は、MSの仕事が円滑に行われるようにできるだけ支援することが求められています。直接営業の仕事をするわけではないのですが、営業の仕事の意味をよく理解しなければなりません

そのような管理薬剤師の求人を探すには、薬剤師専門の人材紹介会社・転職サイトを効率的に活用することと言えるでしょう。当サイトから最も利用されているのは、以下の【エムスリーキャリア】です。スピード転職に強いと評判の人材紹介サービスですね。

 業界最大級の求人数!リクナビ薬剤師で求人を探す

薬剤師求人ランキング