管理薬剤師 仕事

薬の製造や販売、取り扱いを管理

資格の必要な職業には色々ありますが、その一つは薬剤師です。薬剤師は薬の調剤や服薬の指導、医薬品の管理、薬事衛生など、さまざまな事柄に関して人の健康を守り、薬のスペシャリストとして仕事に従事します。

その中にさらに管理薬剤師という役職があります。これは薬の製造や販売、取り扱いを管理する薬剤師のことで、管理者としての立場にあることを意味しています。

日本では薬事法で医薬品の取り扱いや販売、製造などを行う場所にこうした管理ができる薬剤師を必ず置くこと、と定められているので、医薬品を扱うとなれば、必ず管理薬剤師が必要ということになります。

管理薬剤師になるためには特別な資格は必要ありませんが、専門的な知識は必要となります。

薬剤師として転職するためには管理薬剤師の資格があることが望ましいと思いますが、そのためにはやはり専門知識を学ぶべきでしょう。

勤務先によって求められる知識の幅は違いますので、なにが求められているのかによって自分がそこに向いているのかどうか分かれてくることもあります。

転職を成功する近道

ですから、管理薬剤師として転職を考えている場合には、まずは薬剤師として自分はどのような仕事をしたいのかを考えて、現場でキャリアを積むことです。

それによって自分に向いている職種が見えてくるでしょう。その業務における管理薬剤師となることが、管理薬剤師としての転職を成功させる近道なのではないでしょうか。まずはキャリア、ということですね。

 業界最大級の求人数!リクナビ薬剤師で求人を探す

薬剤師求人ランキング