管理薬剤師 業務内容

幅広い業務

自分に向いた職種で転職し、成功したいと考えている人は多いと思います。薬剤師の資格がある場合、管理薬剤師となって転職したいと考えている人も多いでしょう。

管理薬剤師は、薬の製造や販売、取り扱いをするところにおいて、管理者としての立場にある人のことを言います。たとえば、薬局やドラッグストアでのニーズを考えてみましょう。

薬局やドラッグストアでは、お客様への対応はもちろんのこと、在庫の管理、棚卸、商品のディスプレイから従業員の管理など、幅広い業務が必要とされます。

もちろん薬剤への知識は大前提として必要とされています。その上で管理者としての業務を行わなくてはならないため、薬剤師の資格を取れたらすぐに管理薬剤師としての業務ができるというわけではありません。

まずは現場のスタッフとして、薬剤師としての業務を行い、その現場で職務を積むことによって管理者としてのスキルを身につけていくと考えるとよいでしょう。

ですから、薬局やドラッグストアなどで管理薬剤師として働きたい、そのような現場に転職したいと考えているなら、その前に3年程度実務経験を積むことを考えるべきでしょう。

キャリアが重要

管理薬剤師になるためには、特定の資格試験などがあるわけではありません。会社内の昇進のようなものだと考えるべきです。

ですから、知識だけでなれるというものではなく、現場のキャリアが必要とされるのです。

管理薬剤師への道を考えているなら、まずは現場でしっかりとキャリアを積みましょう。

 業界最大級の求人数!リクナビ薬剤師で求人を探す

薬剤師求人ランキング