製薬会社 薬剤師転職

製薬会社に薬剤師として転職するには?

製薬会社は、薬剤師の仕事を必要としているところです。新薬の開発、薬に関する文献の調査、治験、薬品や医療器械の営業といった仕事がありますが、これらはみんな薬剤師の仕事になります。

薬剤師の平均年収は500万円ですが、製薬会社の薬剤師の年収は、800万円に達するところもあり、転職のしがいのある業界と言えるでしょう。ただし製薬会社の求人数が少ないという問題があります。さらに学歴による制限もあります。

薬学部の課程は4年から6年に変更されました。この課程で、勉強した薬剤師の国家試験も行われたところです。6年課程の薬学部の卒業者が製薬会社の求人動向を左右する可能性もあります。

製薬会社では生き残りをかけて、新薬の開発に力を入れており、最新の知識を持つ人材を求めています。このニーズに薬学部の6年課程を出た人たちがマッチするのです。

新薬の開発、研究といった分野は製薬会社の花形の仕事ですが、やや転職には難しいと言えるでしょう。ただしベンチャー系の外資系の製薬会社は、学歴にこだわらず薬剤師の資格を持った方を募集していることがあります。

転職サイト・人材紹介会社を活用しましょう

製薬会社に転職するには、鮮度のいい情報をたくさん集める必要があります。そのためには、ネットの求人サイトに登録するのが一番です。

薬剤師の求人サイトには、製薬会社からの求人も集まっています。複数のサイトに登録されたら、条件の良い製薬会社の求人も見つかるでしょう。マイナビ薬剤師、DODA薬剤師、くすりびとといった大手のサイトに登録し、製薬会社の求人情報を入手してください。

尚、当サイトから最も利用されているのはエムスリーキャリアです。詳細は以下でご確認ください。

 業界最大級の求人数!リクナビ薬剤師で求人を探す

薬剤師求人ランキング