転職 製薬会社

薬剤師が転職しやすい製薬会社の職種

製薬会社にはいくつかの職種があります。その中で薬剤師の方が転職しやすい職種もありますし、転職しにくい職種もあります。転職しにくい職種は、新薬の開発や学術といった分野です。転職しやすいのは、営業や治験といった職種です。

営業は、薬剤師の仕事と無関係に思えますが、薬のことを一番よく分かっている薬剤師が担当した方が、効率的に薬の売り込みを行うことができます。顧客である医師との信頼関係を築くのにも、薬剤師の知識が役立つのです。

製薬会社での営業は、MR(Medical Representative)と呼ばれます。医薬情報担当者のことです。新薬の広報や売込みが主な仕事になります。

製薬会社の営業の仕事の一番の魅力は、年収が高いことです。基本給にプラスして、成果主義による給与もあります。その二つを合わせると800万円を超えることもあります。

成果主義ですので、努力すればするほど報酬は上がっていきます。ただし薬剤師という仕事からやや脱線する面はあります。薬の知識以上に、営業の能力が求められます。

ネットには、薬剤師の方専用の転職サイトもあります。そこには当然製薬会社の営業の求人も掲載されています。面倒な手続きは転職会社が代行してくれますので、お忙しい方には便利です。利用には一切お金はかかりません。

ご自分の譲れない条件を指定して、仕事を探すこともあります。実際、転職サイトを利用して、高収入の仕事を得たという方もたくさんいらっしゃいます。

エムスリーキャリア、薬剤師転職ドットコム、DODA薬剤師が評価の高い有名なサイトです。

 業界最大級の求人数!リクナビ薬剤師で求人を探す

薬剤師求人ランキング