薬剤師 再就職

薬剤師として再就職するために

結婚や出産を機に、薬剤師のお仕事を辞められた方が再就職される場合には、まず最新の情報を集めることが必要になります。

薬剤師の世界も、いろいろな変化がみられるようになりました。それを知ってから、再就職の指針を立てましょう。薬剤師の仕事は、全体としては売り手市場が続いています。

しかし病院の薬剤師の求人のように減少している分野もあります。薬学部の6年制課程が2006年に始まり、その課程の卒業者の国家試験も行われました。6年制の薬学部を出た薬剤師たちが、今後の薬剤師の求人に大きな影響を与える可能性はあります。

調剤薬局やドラッグストアで働く薬剤師の求人は、依然として増加傾向にあります。

大都市部はその種の職場の薬剤師がやや過剰になっていますが、地方に行けば、依然として多くの求人があり、再就職を目指す方にもチャンスはあります

お子さんが小さい場合には、パートとして働くのを希望される方も多いことでしょう。パートの薬剤師の求人もあります。パートのお仕事は調剤薬局が多いです。その場合の時給は2000円程度で、他のパートよりも高いのが魅力です。

一口に薬剤師と言っても、いろいろな働き方があります。また希望する条件も人によって違ってきます。ご自分に合った働き口を見つけるには、インターネットの求人サイトが便利です

ネットには薬剤師専門の求人サイトが数多くあるのですが、勤務時間や勤務日、報酬といった条件をあらかじめ指定して、登録することができます。もちろん登録は無料です。

当サイトから最も良く利用されているのは、以下のエムスリーキャリアです。何よりもスピード転職に強いのが特長なので、まずは相談されてみてはいかがでしょうか?

 業界最大級の求人数!リクナビ薬剤師で求人を探す

薬剤師求人ランキング